お電話でのお問い合わせは

093-641-8460

【診療時間】
月火木金9:30~13:00/14:30~18:30(18時最終受付)
水土 9:30~13:00まで(祝日のある週の水曜日は午後も診療します)

【休診日】
日曜、祝日は休診となっております

新着情報

TOPICS

カテゴリー:

親知らずの抜歯が必要な理由

  • ブログ

親知らずとは

親知らずは、前歯から8番目の奥歯で、『智歯』とも呼ばれ、英語では『wisdom tooth(知恵の歯)』といいます。
横向きや斜めに生えてくることも多く、磨きにくく、どうしても虫歯や歯周病、炎症のリスクを高めてしまいます。
また、噛み合わせの観点でも、親知らずが噛み合わせのバランスを破壊してしまうこともあるので、その場合は抜歯を推奨しています。
抜いたほうがよいのか迷う場合は、一度受診してくださいね。

もちろん、智歯が正常に萌出した場合(歯牙のサイズが小さく、顎のサイズや顎の成長が良好な場合)は保存しますが、最近はあまり見かけません。
親知らずは、確率的に不正咬合を招きやすいので、注意が必要です。

 

下の親知らず
下の親知らずは、比較的早期(中学生)でも抜くことがあります。

 

上の親知らず
上の親知らずも、影響を最小限にするために、できれば20歳までに抜くことをお勧めする場合が多いです。

 

前歯が出ている場合
智歯が正常な形態で萌出することが確認できれば、その手前の奥歯を抜いて、親知らずを萌出する方法もあります。

 

他の歯がボロボロな場合
また、手前の歯が虫歯でボロボロになった場合は、その歯を抜いて手前に移植する方法も有ります。

 

その他の場合
先天的に前歯が欠損した場合も保存の可否を考えた方が良いこともあります。
ケースバイケースと考えられますので専門医に相談することをお勧めいたします。
お問い合わせ
アクセス

ページトップへ戻る